顔汗の薬は、「内服タイプのモノ」と「肌に塗布するモノ」に大別されます。
また、市販されている顔汗対策の商品は医薬部外品の汗止めクリーム、制汗剤などがあります。
これらは、医師の処方箋が必要ないのである意味、気軽に購入することができます。

自分の判断で誰にも知られなくて済むので魅力ですね。

ただ、効果については、医師に診察してもらったわけではありません。
処方されたわけではないので、効かない場合もあるでしょう。

医師から処方され、副作用についても説明を受け理解したうえで
服用もしくは塗布するに越したことはありません。

顔汗が出てしまうことに恐怖心を持ってしまうこともありました。
不安になればなるほど情緒不安定になったり、緊張すると余計に汗が出てしまいます。
完全な悪循環ですね。

自分で顔汗対策を試みたにもかかわらず改善しないのであれば、
医師の診断を受け、薬を処方してもらったほうが良いでしょう。