暑さによる顔汗であれば、何とか工夫して抑えることはできます。
涼しい場所に移動したり体温を下げたり等。

しかし、精神的な要因、すなわち緊張症から起こる顔汗は上手くコントロールできないものです。
とはいえ抑制する対策はあり、その方法がうまくいけば顔汗をかかないことに繋がります。

顔汗をかかない対策としては

 ・緊張を和らげる方法
 ・もう1つは制汗グッズを使う方法

という感じでしょうか。

前者は緊張の原因となっているシチュエーションに対してできる限りの対策を行います。
少しずつ自信をつける事で発汗を防ぎたいですよね。
そうでなくても自身に対してひたすら「大丈夫」と暗示をかけたりとか・・・
気持ちのコントロール方法も身につけておくとうまくいくかもしれません。

そして後者は市販されている制汗スプレーやクリームを用いる方法です。
コストもそれほどかからないことので、メリット、やってみる価値はあると言えます。

これらはいわゆる自己ケアですが顔汗の中には病気の症状の1つでもあるケースも珍しくありません。
その病気の治療が顔汗をかかない手段となり得る可能性は高いので要注意です。

また、かかない手段にはボトックス注射やETS手術といった手術によるケアもあるものの副作用を抱えるデメリットがあります。
大抵は顔汗の原因となっている交感神経の損傷が招く事態で、一度傷ついたら元に戻らないので気を付けなくてはなりません。