私は顔汗がひどい方だと感じているのですが、まだ制汗クリームで抑えられています。
汗の量で悩んでいる時は、タオル、ハンカチでこまめに拭くしかないと思っていました。

汗が大量に出る症状は多汗症かもしれません。

一人で悩んでいるのではなく、医者に行って先生に診てもらうことが良いですよね。
私も制汗クリームで顔汗効かなかったら、病院に行っていたかもしれません。

多汗症というとボトックス注射で汗を抑える方法があります。
顔の痛みはあるようですが、一般的には麻酔クリームを塗ってから行うのでそれほど心配する必要はないようです。
注射した部位の汗はかなり減るので、日常生活が楽になるみたいですね。

発汗を促す分泌物を抑えるために薬を用いることもありますが、それでも効果が現れない時には手術による治療が選択されることもあります。

インターネットで調べてみると多汗症の手術について、いろいろとヒットします。

手術では交感神経を切除したりクリップで神経を挟んだりする方法が主流。
多汗症の悩みも解決できる事例も多く、悩みの解消に繋がればいいですよね。
ただし、手術をすると代わりに他の部位の汗が増えるとも聞きました。

手術という大きな決断になりますので、まずは受ける前にしっかりと説明を受け、様々な影響について納得した上で臨むことが大切です。

顔汗は、人と接する時に真っ先に目に入ってしまいます。
顔汗が多いと気に病んでしまって私のように人前が不安になってしまうこともあるでしょう。
あまりにも多いとハンカチで押さえるのも一苦労ですので、医療の力を借りる選択肢もあるのかもしれません。